森の朝

  • 2013/05/25(土) 22:20:13

朝起きたら一番にすること。

お父さんは2キロ山を下りたお寺の鐘をつきに行きます。
(これは3・11の出来事以来続けていることの一つ)

お母さんは朝ごはんやお弁当の準備。



こどもたちは鶏の戸をあけて
羊におっぱいをやって
学校に行きます。



遍路道の通る東側の丘に朝一番の朝日が照らします。

手を使う仕事・子供たちと工房

  • 2013/05/19(日) 22:17:53

子育て中の若いお母さんたちが関心を持ってくださると
嬉しい、子供たちと手を使う時間。

羊の毛を使って糸車で糸紡ぎに挑戦しているのは
小学生の男の子。

彼は森に通っていつも楽しんでくれてる一人。
これがまた、熱心に紡いでくれてました。
上手〜〜。


女の子たちはフェルトにする以前の作業で
『キーウイ』といわれる手作業の一つ。
いろんな色の毛を使って、手や足の上でくるくる巻いていくと
棒状のリボンになります。

それをリボンや、紙を止めるぱっちん止めにしたり
アクセサリーにするというもの。
手仕事上手なお母さんたちに教わって熱心に取り組みました。

工房がこどもたちの手仕事の広場に変わったこの日。

私たちの未来に続く若い命が、
わが身と手と頭とを使って物を作るということを体験。
ほんとに素敵でうれしい時間でした。

できるだけ、興味のあるこころに添えるような
工房でありたいと思っています。

森のシープシェアリング、完了。

  • 2013/05/18(土) 00:07:22

羊たちの里、菊間町のコマドリさんたちに来ていただいて、
予定とおり毛刈りを終えました。

なんでも手作りしてしまう、魔法の手を持つ元大工さんの
森川さん。
コマドリチームの毛刈りも担当されてます。


ご指導いただいてるところ…。

『何してんの〜』とばかりに見学中の子羊、メイ。

けがさせないように〜。
ドキドキしながら挑戦してます、管理人。

来年は一人だからな…。


オスのリキちゃんの毛刈り終了。

これが一頭分のフリース。

約5キロありました。
うんちのついたところなど、毛の掃除をします。

すっきりしたリキ。
羊じゃないみたい??

来月はこれを洗う作業しますね〜。
興味のある方は是非。

ちなみに、これで毛糸を紡ぐとだいたい一着分のセーターになるそうです。

100%ウール…貴重だ。


雨の中、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

五月晴れの森

  • 2013/05/06(月) 23:20:21

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか??

いい天気に恵まれました。
最終日のこの日も上天気。

見ているだけで、心の奥からのんびりしてしまう
羊マジックをまき散らしながら、仔羊の姉妹が草をはんでいます。


一番早いところでは、皆で植樹して9年になる共生林。

何百年かしたら、ここに大きな木の繁つ森が出来ていることを
想像して嬉しくて立ち止まる。

はるか向こうに見えるのは小田深山連山。
たくさんの伝説の残る山々の小さな村。
山の向こうは高知県。


ただいま森中に漂う濃厚な花の香り。

藤の花が満開です。


夢なのか・・・
幻なのか??

5月。新緑の森は幻想的です。