ハウス建設!?

  • 2011/12/13(火) 21:50:59

12月12日

予定・・・だったハウスが計画実行に進行形となりました。

ニワトリ小屋の隣だけに、トリサンたちも気になる様子・・・。

いざ!という段になって、
「え〜〜〜ハウスって、平らな土地に立ってるよね??」
から始まって、「あ〜でもない、こ〜でもない・・・」と
悩み続けた森の管理人さんでしたが、沢山の先輩たち教えていただいたり、
斜面に立ってるハウス??見たことあるぞ!
と、山を降りた砥部町まで飛び込みで習いにでかけたり・・・。

なんとか形になりました。

・・・やれやれ。

野菜作る前にどんだけ時間かかるんでしょ。

何事も人生初めてのことばかりが続く、森の生活です。


味噌の仕込み

  • 2011/12/09(金) 09:44:24

久万高原でできたお米で、麹を作ってもらった。

今はもう久万に麹やさんはなく、伊予市の老舗で。

おいしい甘酒もうれしいけど、本命の味噌を仕込まなきゃ!!

ようやく時間を合わせて、仲間と一緒に今年の手前味噌を仕込みました。

朝晩味噌汁を飲んで、平均一人一年間に5キロの味噌がいるそうです。
(まだまだ仕込が足りないな〜)

味噌やさんに習った、おいしい味噌汁の飲み方。

おいしいダシを作る。
野菜、麩、わかめ、ネギなどを入れて沸かす。
それぞれのおわんに味噌を入れて熱いダシを注ぎ込んで頂く。


これが一番多いしく、味噌が生きたまま体に入る方法なのだとか・・・。

試してみたら、ほんとにおいしかったです。

最近、誰もが気にかけてる(と思う)免疫力のつく食べ物のひとつが、
発酵食品ですって。

発酵ジュースもいいけど、毎日の味噌汁でぜひお試しを・・・・。

初雪

  • 2011/12/09(金) 09:43:20

大川嶺が白くなって、とうとう里にも雪が降りました。

うっすらとした畑と鳥小屋。

今年中に、この小屋の向こうにハウスが立つ予定。
予定・・・だけど。

由良野の森共生林

  • 2011/12/06(火) 09:28:44

12月6日

共生林には、8年位前から木を植え始めた森があります。

初めのころの『子ども森林博士号』に来てくれていたみんなも
もう中学生、高校生になってますが、みんなの植えたあの苗木は、
こんなに大きくなって、森になり始めていますよ〜。

アラカシ、コナラなどの共生林。

落ち葉の季節でもあります。
共生林では、森の栄養になっていく落ち葉。
道路のものは、雨ですぐに流れていってしまうのでもったいない!!

昔から、この時期になると畑に入れる草や萱をたくさん集めて
むろにする光景があちこちで見られます。
農家の方の知恵です。

「刈った草は無駄にせられんぜ〜」

萱は刈ったし、それっ!この週末。
次は落ち葉あつめです。

軽トラックに何杯も運びます。
子どもも総出で畑の土の準備仕事です。

おいしい野菜は一日にして成らず・・・ばかりか
こうして何年も何年も、毎年続く作業で土を肥やしていくんだそうな。

頑張らなきゃ。

炭ストーブを持って檮原へ

  • 2011/12/05(月) 09:21:37

随分と寒くなってきました。
12月・師走の時期、いかがお過ごしでしょうか?

去年、知人の鉄工所さんの協力を得て開発した『炭ストーブ』。
口コミで広がって、あちこちで使っていただいてます。

町の中でも使えるこのストーブ。
昔、(昭和30年代生まれのわたしもおぼえてる)よく使った、
火鉢などで心配な一酸化炭素も煙突で外へ・・・。

薪ストーブのように煙も出ず、やさしいぬくもりを
届けてくれます。

燃料の炭は、かつて山の重要な産業でした。
炭を焼く仕事は、里山を守り、山の地域の経済を支えました。

炭を使っていただくことは(国産ですが・・)この国の田舎と
町を繋ぐことにもなります。
(この写真は春に撮ったものです)

口コミで販売しているこのストーブ。
あちこちで使っていただいてますが、今回はお隣の高知県・檮原にお届けしました。

梼原町は高知の奥座敷。
最近、トンネルが開通して久万高原から車で
1時間でいけるようになった素敵な山の町です。
NHKで紹介されるなど、自然エネルギー自給100%を目指していることでも有名!!


お届けした先の、診療所の先生がご紹介くださった
『セラピーロード』。

山里を100年以上前の人が手彫りした灌漑用水路の道に沿って
渓谷を歩きます。

(歩きながら眠っちゃうんじゃないかと思うほどのマイナスイオン?!)

予約すれば、現地の素敵なおじ様がガイドもしてくださいます。
おじさんの子どもの頃の話も聞けてほんとに和んだり、
しんみりしたり・・・生きてるってすごいと思えます。

渓谷の水はあくまでも美しく澄み切ってました。

普段、山に暮らししてる私たちでさえ・・・。

このセラピーロードは、おいしい山里の食べ物と
ゆったりした一日に診療所の先生の健康チェックつきツアーも
用意されていて、京阪神などからも利用者がこられるそうです。

隣町の久万高原。
仲間を誘って、研修(?)という名前でまた、来て見ようと思います。