ある日、冬の森 

  • 2013/12/09(月) 19:53:38

12月6日

朝の気温が氷点下にならない12月を迎えています。

例年なら、毎日氷点下で真っ白に霜が降りていても
おかしくない頃。

11月の積雪と温かい12月。
今年の冬はどんなふうになるのでしょう?

一斉に葉を落とした桑。
泥に汚れないうちに拾ったら、とっても貴重な山羊とヒツジの
冬場のおやつになります。

落ち葉拾いで『野兎』の死体を発見。

半分と半分。(上半身と下半身)
食べた形跡もなく…。

こんな風にするのって、どんな生き物かしらん??
食べるため以外に命を奪うことってない気がするんだけどな・・・。

森では最近よく野兎や山鳥を見かけます。
冬は野生動物にとっても厳しい季節です。

12月8日

この日の朝の気温は0度。
友達の農家からいただいたでっかい白菜!!

一週間、種を落とす日が遅れるとうまく≪巻かない≫のだそうです、白菜って。

それでいただいたたくさんの白菜。
家畜のえさにでもってことだったのだけれと、何しろうちの畑のどの白菜より立派。

半分は人間が頂いて、さっそく漬物にするため下準備。
地域の皆さんに助けられてます、我が家。
感謝。(ありがとうございます!!)


下ごしらえ中にかじられたので、この立派な白菜は鶏たちに
あげちゃいました。

大満足の面々。
太ってますよねえ〜、うちの鳥たち。

卵、ちゃんと小屋でうんでもらいたいな…。
最近自由にあちこちでうんでるみたいだけど。