東京の写真展本日終了・・・

  • 2011/06/27(月) 00:38:47

一週間の写真展でしたが、本日最終日。

カメラの田頭さんからメールが届きました。

東京とか、都会とかと一番縁の遠そうな森の住人が
田頭さんとの出会いを頂いた 《鳩カフェ》。

鳩山前首相も見に来てくださったみたいです。


3・11以降さまざまなことがありますが
私は今も、あの時ご本人から頂いた施政方針演説
友愛)のなかで引用されたガンジーさんの言葉を覚えています。
七つの社会的大罪として、ガンジーさんが書かれたものだそうで
この言葉に感激された鳩山さんの話と、「命を守りたい」と
何度も繰り返して言われたこの演説がほんとになれば、
どんなにかすばらしいだろうと思ったことを覚えています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
七つの大罪についてガンジーさんはこう言っています。
 
 「理念なき政治」

 「労働なき富」

 「良心なき快楽」

 「人格なき教育」

 「道徳なき商業」

 「人間性なき科学」、そして

 「犠牲なき宗教」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わが身の日々を、人とのかかわりや交わす言葉を
ふりかえり、反省するときに思い出せればいいな・・・と
あれ以来、頭の片隅で思っています。

私は私の出来るところでがんばらなくちゃな・・・。

魔女の贈り物

  • 2011/06/24(金) 23:23:20

『魔女ですが・・・』
(冗談みたいなほんとの話。へ〜そうなんだと思ってしまいました)

と、その人は、森にやってきました。

今年も『桑の実』の季節。

「桑の実でやってみたいのよ」と遠くからやって来られました。
 
農薬のかからない植物や木の実などから、自然の力【酵素】を頂く
酵素ジュース
を作っているというこの魔女は、なんと、自宅の
庭に自生するさまざまな雑草約60種類からつくったという
不思議な味の【春の草酵素ジュース】やら、
一昨年作った【秋の酵素】のほか、庭のすももだけでつくった
スモモ酵素ジュース】(写真左端)を持ってきてくださいました。

夏の酵素の中には、【どくだみ】やら【蓬】も入っているそうですが、
ほとんど癖のない、香りのいいものでした。

朝日に照らされてる 魔女の贈り物とおばあちゃんちのアジサイ

そういえば、去年の夏、広島の友人からも熱い酵素の便りが届いていたっけ・・・。

石鹸代わりに使ったり、掃除にも洗濯にも使っていると
彼女も言ってました・・・。
酵素が地球を救う!・・・くらいの勢いだったなあ・・・。

「人によって、何に効果が出るかは分からないの」
と魔女は笑っていいました。

「でも・・楽しいでしょ?」
「何事も実験なのよ、あそびましょう〜よ、ね?」と
楽しそうに笑って、夕暮れの森を後にしました。

朝起きたら、それはやっぱり夢ではなくて
魔女のジュースが台所にあって朝日に光ってました。

作り方を教わったので、私も魔女修行してみたいと思います。

奥、深そうです。




東京写真月間 協賛展 田頭真理子写真展

  • 2011/06/19(日) 14:51:03

18日から東京半蔵門で田頭真理子さんの写真展が行われています。

関東方面のみなさま是非足をお運びください。






6月18(土)〜26日(日)

東京写真月間 協賛展

田頭真理子写真展

「由良野の森の家族」-鷲野さん一家の暮らし-

東京都千代田区一番町25番地JCIIビル(地下1階)03-3261-0300

10:00~18:00 休館日なし

http://www.jcii-cameramuseum.jp/map/map.html#salon



写真展の様子がこちらで紹介されていました

菊地晴夫の美瑛写真家日記


太陽エネルギーで野外音楽を楽しむ

  • 2011/06/16(木) 23:10:05

由良野の森にやってきた
50ワットのソーラーパネル。

早速活用中です。


(今週は京都から来てくれている沖縄時代からの友人と森暮らし中)

梅雨に入って以来、ずっと曇り空か大雨の森ですが、
今日は、パネルを持ち出して発電実験。

バッテリーに充電しつつ、さらに携帯電話とウォークマンを充電 
さらに、同時にスピーカーを繋いで音楽を流してました!

消費電力を測ってみたところ、これら全部で
5ワット・・・。

すごいですねえ〜〜。

5ワット以外は、充電されたはず・・・。

曇りでもこんなにエネルギーがあるなんて、太陽ってすごい。

赤く実り始めた桑の実を採っていた由良野会員数名は、
午後の森に響く心地よいBGMで気持ちよい午後を過ごしました。

9回ゆらの人間学講座と独立型ソーラー発電装置を組み立ててみよう

  • 2011/06/14(火) 00:23:50

先月5月21日の午後、
第9回ゆらの人間学講座が行われました。
      タイトルは
「パラダイスのような学校でしょ・・」と先生はいった
 〜ハイデルベルグのシュタイナー学校〜


講師は高安伸子さん。
ドイツ滞在中に息子さんが通ったシュタイナー学校が
あまりにも素敵だったことをお話くださいました。

ずっとうわさには聞いていたシュタイナー教育。
たくさんの美しい写真を交えて、その魅力を伝えてくださいました。
近くにシュタイナー学校があれば、自分自身が通いたいと参加者全員が感じたと思います。


ちなみに、マンガ「美味しんぼ」の原作者雁屋哲さんは、
「シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い」の中で、

シュタイナーが考える「理想的な人間」とは、

「世界と人間の歴史と文化について十分な知識があり、
実生活で役立つ能力と、音楽を演奏したり、絵を描いたり、
文章を書いたりする芸術的な能力を持ち、
自然に対して畏敬の念を抱いて自然との共生を大事にし、
生きていく中で政治的、経済的な難問に直面しても、
自らの自由意志で自分から行動できる人間」である。

と紹介しています。



人格を育てるための教育を、息子さんの体験を通して紹介してくださった高安さんのお話に、
参加者全員で教育について考え直したひと時でした。
高安さんのお話をもとに、「由良野の森でもこの夏何かしたいなー」と
計画中です。


                



そして、今月の6月5日午後は
「独立型ソーラー発電装置を組み立ててみよう」という企画。



ワークショップをしてくださったのはFun energyの下村瑞枝さん。
自然エネルギーに関心があるたくさんの方達が集まりました。






蓄電池を使って利用する太陽光発電装置には何が必要なのか。
実際に必要部品を並べて組み立て方をお話していただくことに・・。


パネルは50wの予定でしたが、品薄のため当日は入手が間に合わず下村さんに20wのパネルをお借りして行いました。
今回使ったものは、放充電コントローラー・ディープサイクルバッテリー・そして12Vシガーソケット+USB電源ソケット



この装置を使って扇風機やノートパソコン・携帯の充電などをしてみました。
実際に自然エネルギーを利用してみるとやっぱり感動!!
みんな満足でとても楽しかったです。


もちろん電圧V 電流A 消費電力W そして消費電力量Wh
の復習も行われましたよ。

太陽光発電装置の稼働率は12%。自分が使いたい電気をまかなうのはいったいどれだけの設備が必要なのか・・・・
全員で勉強・体験のひと時でした。