手打ちうどん!

  • 2010/08/31(火) 20:08:43

毎年恒例の手打ちうどんの会。

松山市衣山の『うどん坊』、中塚さんご夫妻が今年も
由良野の森に来てくださいました。

石釜の隣に、新しく作ったカマド。
昨日までかかって、ようやく使えるところまで出来ました。
本日初仕事!

中塚さんの大きなハガマが、ぴったり収まってます。

写真では見えませんが、ちゃんと後ろに煙突がついているので、
煙たくもなく、薪の効率も抜群でした。 (管理人さん、感謝

伸ばして切った(うどん)の麺を、乾燥しないうちに
次々と湯がいているところ。
湯がきたての味は最高!
手打ちの醍醐味です。

味は、湯がき方しだい??
湯で加減も長年の勘??    ・・・でしょうねえ。

この日は、小雨もパラパラする午後で、5回目にして始めて
とっても涼しく、水の心配をしない一日でした。

この日の午前中は、2学期を前に、学校の草刈奉仕作業がありました。
作業の終わった子どもたちから順次やって来て参加。
初めての人も、ベテランさんもみんな真剣な顔です。

今年は、ゆで方も教わりました。

つまるところ、・・・、勘ですね。(やっぱり)


腕白一二年生。
『太いのがいいで〜』(ほそいほうがおいしいよ)
『端っこは、ニワトリにやろ!』


器用で、料理のうまい内子の友人。
さすが、うどんを伸ばす手つきもなんだか素人っぽくありません。


お寺にも奉納されているという、『うどん坊』さんのおうどん。

お寺では、極細のそうめんのようにしていただくそうです。

ほんと!
おいしかったです、極細うどん。

今年も、ホントにありがとうございました。
毎年少しずつ、うどんの事がわかってきます。

(実はこのカマドも、製作途中段階!?・・・完成姿は又後日)

スコールと落雷

  • 2010/08/28(土) 09:14:53

8月24日

最近、夕方になると入道雲につづく真っ黒な雲がやってきます。

そして突然の雨・・・。

土砂降り、とはこのことです。

24日の夕方、ゲストハウスにはトリニティルーツの皆さん、
工房には織りをしている友人。
そして、自宅の台所に立っていた私・・・。

何度かの落雷の後、『キーン』 (と耳鳴り) ピカッ!!どかん!

工房でも、家の中でも稲妻が走りました。

家の中を稲妻〜〜〜

うそみたいな本当。
こんなことって・・・。 唖然。
人生いろいろなことに出会うこともあるもんですね〜。ほんと。

けが人なし。コンセント抜き忘れていた電気製品いくつかが故障。

自宅台所の2メートル先にある、電話の電柱に落ちたことが後で判明しました。
おかげで、通信不可能な日々を送っていましたが、昨日復活です。

地震・雷・火事・親父といいます。
自然の力の前に、人間は呆然とするくらいのことしかできそうにないです。

何故だか分かりませんが、落雷の後の森の空気は
とっても澄んでいました。

雨上がりの夕焼け。
あまりにきれいな空気と、澄んだ山の緑にみんなで見とれた夕暮れでした。

トリニティー・ルーツライブ&森の石釜タコスナイト!

  • 2010/08/28(土) 00:26:11

8月23日 夏休みの森。

月曜日にもかかわらず、たくさんの人が来てくださいました。
森の神様にささげた音楽。
みんなで作った音のワークショップ。
あれから一年・・・。
トリニティー・ルーツが由良野の森に・・・!


ライブが夕方なので、何か軽食を準備しようと始まった企画。
この夏完成した石釜で、今日は「タコス」を作りました。
とうきびベースのトルティーヤという皮に豆やひき肉、それに
レタスやフレッシュトマト、それにチーズなどをはさんで食べるものです。

アメリカにいったことのある人にはなじみの「タコス」
Taco Bell(タコベル)という名前のファーストフード店もあるくらい
市民権を得ているメキシコの郷土料理です。

とうきびの粉をベースにしたトルティーヤ(皮)を焼いているところ。


久万高原でできたトマトで作ったサルサソース。
メチャうま!!でしたよ。
辛いの苦手な方には、マイルドなチリなしも用意しました。


初めて食べるタコスはいかが??
子どもたちには結構人気だったみたいです。
よかった〜。

『全部久万高原で採れたもので作りたい・・・!』

こだわりのメンバーにより考案された、本日のタコスは
具財に、5種類の豆・雑穀がメイン。
久万高原産にこだわったので、かえって完璧なベジタリアンの一品が完成。

他にも、夏の野菜いっぱいのラタトゥーユや玄米おにぎり。
七輪で焼くピーマンなどなど・・・。

安心安全なジュースは、有機農産生協さんから『アップルキャロット』と
『レモンサイダー』を準備しました。

朝から準備を手伝ってくれた皆様!!ありがとうございました。

ライブを待つ森では、夕暮れまでのいい時間が流れていました。
日が暮れる頃。


トリニティールーツのライブ!!!

写真の左からカツさん、中央が大村カズさん、そしてミホさん。

写真の左端にちらりと写っているのが、特別出演で会場を沸かせてくださった
徳島のJ・POP(縄文ポップ) 忌部楽団のお二人。

太鼓ソロ演奏で観客を釘付けに・・・。
カツさんの出す音は、不思議で心に深くひびく音。


子どもたちも、もちろんこどもの心を持った大人も
のりのりのラスト。
日本人の中にはいろんな遺伝子や記憶が組み込まれているんだな〜
と実感したステキなステキなライブでした。


この場を作った下さった皆さんに感謝します。
いつものことですが、1人でできることなんてありません。
つながりに、それから共有できる場と時間とハートに、ありがとう。


トリニティルーツの皆さんは、この後も四国・九州をツアー中です。
また来年・・・かな??

高原の夏休みは終盤です。

  • 2010/08/20(金) 01:18:13

暑い日が続いています。
皆様、お元気ですか?

「お盆すぎたら秋」と高原ではささやかれ始めます。

毎日のように夕立が降ると、サーっと涼しくなりますが、
ここ最近は、特に涼しさの中に秋の気配を感じるようになりました。

森中に漂う、いい香りは「葛の花」です。
秋の七草。
やっぱりなあ〜。

お兄ちゃんが、海の体験学習で瀬戸内海に行っている間は、
とっても退屈で静かな弟君。

朝の森は、まだ日差しも優しくて心地よい散歩ができます。

毎日新しい発見。
今年移植一年目の りんご。

青いのに、カラスが取って行ってるなあ〜と思っていたら・・・。
なんと、小さくて青くて甘い「野生の味のリンゴ!!」

今年は、ほとんど野鳥のえさになってしまっています。


午後は、森の貯水タンクの掃除。
23日からのイベントに合わせて、大きな水槽をフル稼働します。

かんかん日照りでも、夕立はありがたい。
森から湧き出す水に感謝です。


お天気続きの最近の大事な仕事。
冬に備えて、ストーブやお風呂焚き用の薪準備が
始まっています。

朝露が終わった頃に、屋根をはずして乾燥。

あと、一週間あまりで夏休みも終わり。

田んぼの稲穂も、頭を垂れ始めています。(はやい〜!)
朝夕涼しい高原では、心も暮らしも秋に向かいはじめています。

トリニティルーツがやってくる!!

  • 2010/08/17(火) 08:19:38



お問い合わせは 0892−21−8076 ゆらの事務局まで