クリーンエネルギーを追いかける旅

  • 2009/07/25(土) 23:29:06

船を下りたら彼女の島・・・っていう映画ありましたよね。

森のある、愛媛県、八幡浜からフェリーで3時間。
もうもうと湯気の上がる別府に到着。
森の住人一家、夏休みのイベントの合間を縫ってどうしても
来たかった大分県玖珠郡九重町。

大雨、洪水警報が出てましたが、
まずは、高原の町・九重町のエル・ランチョ・グランデで乗馬体験。
カナダの牧場で馬の世話をしていたことのある管理人の夢は
『いつか森で馬と暮らしたい』
息子たちをすっかりとりこにした馬たち。
いつか・・・??

さて、今回の大分の旅。
目的は地熱発電所を見に行くことでした。
滝上地熱発電所
森の中にもうもうと上がる煙??
この怪しげな光景は温泉にあらず。
九重町には全部で大小4箇所の地熱発電所があります。
写真の発電所は・大手エネルギー会社『出光』が掘削、蒸気を
九州電力に売って、電力会社との分業で成り立っているという
ところです。
なるほど・・・もちは餅屋というわけです。

日本一大きな地熱発電所・八丁原地熱発電所は100パーセント
九州電力の施設。
出力は,
11万2千キロワット。
ちなみに5万キロワット程度で約20万人の人口の都市電力をまかなうことができる
日本最大の地熱発電所八丁原地熱発電所。タービンを廻して終わったあとの温水が通っているパイプ

バイナリー発電という低温の熱源でも発電できるというシステムも
ここでは稼動中でした。
八丁原地熱発電所。手前が発電機で奥がタービン。手で触れます
なにしろ、熱源が 『地熱』イコール
地球の中にある熱・・・なので、半永久的に枯渇せず 温暖化にも影響しない、
放射能の心配もないクリーンなエネルギーというわけです。

こんな風に、タービンにまで近寄れて、触っても平気。

一番すごかった、これ。
九重観光ホテル自前の地熱発電所です。
なんだか、宮崎駿さんのアニメに出てきそうな感じ。
九重観光ホテルの自家用地熱発電所。九電の施設ではありません。ここが一番勉強になった。
ここで作られた電気は、ホテルと発電所で必要な電力240キロワットをまかなった後、
ほとんどが九州電力に売電しているそうです。

イランなど中東の技術者や、アジアの政府の方が見学に来られる小さな発電所。
発電出力は900キロワット。(本当は2000キロワット発電できるのだけど
自然公園法なんかの関係で900なんだそうです。)

小さな範囲で小さな電力をまかなう。
これは、食料や人の営みに欠かせない 『懐かしい未来』への
アプローチです。

人の心と行動が気持ちよく支えあえる範囲。
世界を考えて、地域で行動する・・・その地域の大きさ。

限りのあるこの星で、多くの生き物に責任のある
人類がどう生きていくのか・・・。

そんなことをそれぞれが模索しつつ、楽しくも充実した
旅を終えました。

警報にもかかわらず、2日間、道中の安全を見守られていました。
神様の計らいに感謝。


地熱発電について詳しくは 産総研 を。

  • 2009/07/23(木) 21:33:15

収繭・・・と書いて。(しゅうけん)と読みます。

今日は、出来上がった繭を収穫(?)するひでした。



この時期工房は大忙し。

猫の手も借りたい・・・。

期間中、偶然にも(?)森にこられて、
いきなり、まさかのお蚕さんお世話を手伝っていただいた多くの
皆さんに心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました!

日食

  • 2009/07/22(水) 21:29:24

地球も宇宙に浮かぶ星のひとつだったんだ・・・。

ご覧になりましたか??
日食。




太陽と、月と地球が一直線に並んだ・・・ということらしいです。
宇宙に浮かんでる、三つの星が一列に並んだ情景を思い浮かべました。

私たちの住んでいる星。

何万種類の生き物が暮らしていて、
海があって、
その中で、人間という種類の生き物がわがもの顔に生きていることを
誰か気づいているのでしょうか・・・。

どこかで、誰かが恋をしていることや、
争いの耐えない町で暮らす子供たちのいることに。

森のある久万高原町では、今日郡内の小学生たちが
水泳記録会プールサイドから、不思議な太陽を見上げました。
ちょうど、折り良く薄ぐもりだったので偏光レンズがなくても
こんなにくっきりと見えました。

一生懸命なこどもたちに今日も勇気と元気をもらいました。
命がある・・・というその事がただうれしくて。

森に響くリズム・ドラムサークルの夜

  • 2009/07/19(日) 00:24:19

ドラムサークル・ナイト
in 由良野の森


今夜は、森にネイティブな
音が響いています。
森の精霊たちも、きっと楽しんでいることでしょう。

ただいま、午前0時20分。
ドラムナイトは佳境。

どこか懐かしい、腹の底にひびくリズム。
いつか遠い過去に誰もが体験していたリズムなのかもしれません。

不思議な夜になりました。

お蚕さん、繭になり始める

  • 2009/07/12(日) 23:23:05

7月12日『日曜日』晴れ

お蚕さん。
5000頭(ひき、とは数えないで 頭 といいます)
本日朝から、透明な体に変身を始めました。

今、5分の1ほど糸を吐き始めています。
今年の養蚕も終盤です!!