カヌー

  • 2009/06/27(土) 23:31:30

沖縄に住んでいた頃は、しょっちゅう出かけていたカヌー。

今日は森から少し離れて、旧美川村の面河川に出かけてきました。

由良野の森でも今年は、初めての子どもたち向けにカヌー教室を
計画しようか・・・と思案中です。

まずは、体験の体験。

何度か川下りの経験のある 長男 11歳。
今日は、お父さんの指導で緩やかな流れでの一人操作に挑戦。
もともと、怖いもの知らずな次男 5歳。
「まかしときって!」って・・・いわれてもなあ。

「エー!!、ほんとにちゃんと岸につけてよー!」
指導にあたっていたお父さんはニヤニヤ笑うばかり。
緊張していたのは私だけ??

で、余裕で舵をとる子どもたちに乗せてもらいました。

ついこないだまで(といっても10年、5年・・・たつのだけれど)
おっぱい飲んでたのに、一人でおしっこ行けなかったくせに・・・。

私を乗せて、2人だけで川の流れにカヌーを漕ぎ出した息子たち。

なんだか感無量のうれしさで、水しぶきにまぎれて
目頭があったかくなってしまった。

小さな人たちは、日々その成長をやめたりしない。

おとな
がんばらな。 しっかりせなあかんやんか・・・。

毎日こうして背中を押されてる。

朝の森

  • 2009/06/27(土) 23:29:11

6月27日
梅雨の晴れ間の朝もやの中。

ニワトリたちを外に出す、午前6時半。
森の朝が始まります。

今日も一日、あの人も、この人も
みんなが心穏やかに過ごせますように。

大事なあの人が幸せでありますように・・・。

小学生の見学・学習会

  • 2009/06/27(土) 23:28:02

地元、父二峰小学校の3,4年生と 担任の高橋先生が
由良野の森にやってきました。

地元のいろんな場所を再発見していこう・・・というもので、見学の後、
みんなで新聞にするんだそうです。

由良野についてのたくさんのインタビューのあと、森を歩いて回りました。

草も木も、虫も鳥もそれからいろんな動物や人間が、
どうしたらみんな幸せに暮らしていけるんだろうか・・・


そんなことを考えて、試行錯誤。 作っていっている森です。

日本ミツバチと人の関係や、桑の木と蚕。 そしてそれが糸になって布になる過程。


森の木と人の生活。

ほんの小さな体験が、やわらかい心の子どもたちにどんな風に残っていくのか。

聴く、見る、触る。
動かす、食べる、それから作ること壊すこと。

いろんな体験を重ねて、これから大人になる人たちに
森の命たちが染み込んでいく。

目に見えないどこかで
けれど、確実に
小さな人たちが駆け回り、発見していく不思議があるこの小さな森。

高価なおもちゃなんて要らない。

自由に感じる心があれば、今日を100%楽しむことだって可能。

ハクのこと

  • 2009/06/24(水) 00:54:03

子ヤギのハクが死んでしまってから
ほんとにたくさんの皆さんに たくさん、たくさん
思いやりをいただきました。

お線香を手向けてくださった方。
やさしいお手紙を下さった方。
それから、ずっと心でハクのことを思ってくださっている皆さん。
私たちのことに心をかたむけてくださったみなさん。
ほんとにありがとうございます。

森の住人家族一同、ただいまそれぞれに ハクが残していったことを
少しずつ昇華しているところです。

命について。
生きていくってことについて。
死ぬということや、「すべては移ろい行くのである」といった
あの文学の言葉について。

それでも命あるうち、私たちは精一杯生きよう。
・・・それってどういう風に生きるってことかな。
ということについて。

いま
ここ
わたし

それが人生

ということを前向きに考えています。

そう!!
前向きに生きなくちゃ・・・。
命あるもの。

5000の命

  • 2009/06/23(火) 23:48:56

由良野の森・工房で養蚕が始まりました。

全国いっせいに、今日は蚕の配蚕日と呼ばれる日です。
昔から、暦で決められるというこの日。
皇室では、皇后様が 小石丸 という名の日本在来種を飼われるそうです。

西日本で唯一残る
愛媛蚕種(さんしゅ)株式会社。
愛媛県、南予の川之石というところにあります。
幕末から明治にかけて、四国でも一番という活気を見せたというこの地。

今も残る旧商店街の古い町並みが往時を物語っています。
銅山、廻船問屋そして紡績(日本初の東洋紡の工場ができた)で
栄えたというこの町のほぼ中心にある 愛媛蚕種の建物は、
明治の建築。 国の有形文化財です。

今年もまた、この町を訪ねお蚕さんを久万高原につれて帰りました。
去年の倍、 5000頭 の命を今から約3週間。
絹の糸を吐き、繭になるまで育てます。

さ!!
由良野の夏のはじまり、はじまり〜。